top of page
  • Writer's pictureaine

CD Credit

Yes, I actually made CDs when nobody even has a player at home. But I hope owning this CD reminds you something special.



aine wie keine = in German, it means "aine like no one"

I invited people who I feel secured to be around, and to play music together for this project, who also have great care and pride in their profession. I am grateful to call this beautiful group of people my team. And I can’t thank them enough for their work.



Ben Barritt, Adebambo Akinwale, Hannes Hüfken, for your groovy studio work.

Immo Hofmann, for your curiosity.

Uwe Haas, for your calmness.

Miyuki Yamamoto for your thoughtfulness.




And mostly,


Satoshi Okamoto for your awfully devoting work attitude which surely brought the result we wanted, and the ever inspiring thoughts.




【aine wie keine】

1. interlude 2. manima 3. wie keine 4. af5 5. abreise w/R.P.




personnel

aine fujioka : all music and lyrics, vocal, drums, and art work satoshi okamoto [sub-tle.] : production, arrangements, recording, mixing, mastering ben barritt: guitar adebambo akinwale : keyboard hannes hüfken: bass milla: voice immo hofmann: recording uwe haas: mastering miyuki yamamoto: cover design



Special Thanks to Mami Kajiho Ralph Peterson Jr. Kerianne Panos The Grownup Noise family Ben Barritt Band family IH family


All of my friends in Hiroshima, Osaka, Tokyo, Boston, New York, and Berlin. I hope you know how much I appreciate your being and support. My musician colleagues, you made who I am and how I play today. My drum teachers, mentors, coaches. My parents and my brothers. Thank your for your being, unconditional love and support.



And thank YOU.







こんな時代にCDを作ろうとする自分はまだまだ夢見がちなあまちゃんなのだろうか。


それでも、自分の音楽を実際にCDという物質に作り、自分の手に取ることをとても嬉しく思う。


そしてそれを実際に自分の大事な人達に直接届けることができることをとても幸せに思う。





CD販売開始から3ヶ月。

日本での2回のパフォーマンスのお陰もあって、ひとまずの目標である100枚を売り上げることができた。そのほとんどは、直接相手に手渡したり、感謝の手紙と一緒に送ったりしたもので、その行為のいちいちに幸せを感じる。


大好きな友達の子供達が自分の曲に合わせて歌ったり踊ったりしている様子を動画で送ってもらったり、手紙やメールで曲の感想を送ってもらったりすること全てがとても嬉しくて、自分は幸せだなぁと思うのだ。

きっと自分はこれを感じたくてこのプロジェクトを始めたんだな。


制作過程で、自分と繋がることを学んだ。


人と一緒に制作をすることで、コミュニケーションというものを学び、自分が共演者にどういう繋がりを求めているのかを知った。


演奏の機会は自分の一番柔らかな部分を晒け出すことを教えてくれて、その時間・空間を共有してくれるお客さん達と繋がりを作る幸せを教えてくれた。





きっとあたしがやりたいのは、あたし自身が自分としっかり繋がり、ライブを見に来てくれた人が自分自身と繋がる時間を提供すること。それぞれが自分の軸を思い出し、繋がり、少し癒されたり、強くなったり、スッキリした気持ちでまたそれぞれの日常に戻る為のすごく研ぎ澄まされた空間。





あたしにとってのこの音楽は、祈りであり、癒しなのだ。






あたしが自分のパフォーマンスを通してやりたいのは、人を繋ぐこと。





評価を得る為でも、与える為でもなく。





その場を共にしてくれる全ての人に愛を伝え、繋がっていくことなんだ。




24 views0 comments

Recent Posts

See All

Comments


bottom of page